ライフスタイルガラス工芸品,グラス,ロック,冷酒

みなさん! 「江戸切子(えどきりこ)」ってご存じ?!

これは江戸時代末期から江戸(東京)で作られており、今では「東京都指定伝統工芸品」「経済産業大臣指定伝統的工芸品」に指定されてる、由緒正しいガラス工芸品のことでアル!(ウォホン)

天保5(1834)年に江戸・大伝馬町の加賀屋久兵衛が、ガラスの表面にもようを付けたのが始まりだそうだ。
そもそも「切子」とは「立方体の角を落としたもの」のことをいい、ガラス工芸分野では「カットグラス」のこと。

当初「江戸切子」は透明な鉛ガラスにヤスリや金剛砂などで切子細工をし、手作業で表面をみがきあげ、制作されていたんだ。
最近はクリスタルガラス等のきガラスよりも色かぶせガラスを素材に用いたものが、多く作られているそうだ。
ウィスキーのロックや冷酒を江戸切子のグラスでグイっとる……
たまりませんナ~!