ニコン 一眼レフ

「ニコン、一眼レフカメラ開発から撤退」
ウソだろ~ッ!

ニコンといえば初代「ニコンF」のころ(昭和40年代)から一眼レフカメラの王様の名をほしいままにし、その堅牢さで、世界の報道写真家に最も愛されてきたカメラだ。
いまでこそキヤノンのEOS にやや後れを取った感はあるが、運太郎にとっては、ニコンはいまでも”神様”だ。
親父が写真の仕事をしてた関係で、うちには銀塩フィルムの初代 F、三代目F3、5代目F5がある。
どれもしっくりと手になじみ、シャッター音がなんとも心地よい。
しかし、これも時代の流れと受け入れるしかないのだろう。

ということで、ニコンの一眼にお礼と感謝を込めて、本日は「大NIkon祭り」の開催!