佐々木朗希 完全試合

一週間前に完全試合を達成したばかりの、千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希選手が2試合連続完全試合達成か?
と、思いきや8回を投げ終えてパーフェクトのまま、降板だと…?!
世間の評価はこの井口采配に「賛否両論」かと思いきや(今日は「思いきや」が多いな…)報道もSNSの投稿も、ほとんどが賛意を表してる。

3年前の夏、佐々木選手が所属する大船渡高校は岩手大会決勝まで勝ち進みながら、エースの佐々木を投げさせず、花巻東に2-12で敗れている。
この時の世間の評価は「賛否両論」というより、圧倒的に「否」の意見が幅を利かせていたように思う。
その「否」の風は、つい最近まで吹いていた。
その風向きが突然変わったのは、一週間前の「一回目」の完全試合達成のときだ。
大船渡高校の当時の国保監督に対する「謝意」まで、あちこちで見かけた。

井口監督には「こいつならいつでもパーフェクトくらいやるだろう」という気持ちだろう。
運太郎も、そう思う!

パーフェクトのまま8回降板で思い出すのは、2007年の日本シリーズでの山井選手(中日)のことだ。この話はいずれまた…。

スポーツ

Posted by 運太郎